Latest Posts

初買い

新年明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 二週間のクリスマス休暇も、今日が最後となり明日から、日常生活が始まります。 夕食は、宅配ピザに決めました。 top pizzaというピザ屋さんで 毎回30分ほどで、窯焼きピザが届きます。 やはり休暇最後の日は、私と同じ考えの主婦が多いせいか、指定時間になっても中々こないので、電話をすると nous sommes surchargés. 「 多忙を極めております。」 という返事でした。 結局1時間後に、直径45cm のピザが届きました。 デリバリーのお兄さんは、 「 大変お待たせして申し訳ございません。本日は、4300円のところ3000円で結構です。」 といって帰って行きました。 日本では、5分遅れた事で、500円割引券を配布してくれるそうですが、 スイスでは、このような割引はほとんどありません。 初買いで、美味しいピザを日本のように割引してくれて、新年早々うれしくなっちゃいました。   

1986年来のクリスマス

今日は、家族とクリスマス会でした。 毎年の恒例行事で、スイスに来てもう何度か過ごしていますが、今年はいつもと違いました。 とても暖かく、上着を着ていると汗ばむくらいでした。 義父曰く、1986年以来の暖かさだそうです。 24度まで上がりました。 1986年・・・ちょうど、日本はバブルが始まる初期段階。 私は、まだ高校生になったばかりで、 若い独身社会人の、恋愛模様を描いた「 男女7人夏物語 」を見ながら、胸をときめかしていた頃。 太陽の下で、家族とアペロをしながら29年前に思いを馳せてしまいました。         ミツバチも飛んできました。

サンマルタン祭

昨日11月13日土曜日に、隣の州 ジュラの目玉隣言われるお祭りに 出かけました。 いく前に、どんな祭りと思い調べてみたら一番にヒットしたブログを見つけました。 とても詳しく知るされているので是非ご覧ください。ここ さらに楽しみが倍増! 22時前には健やかに寝てる私ですが  徹夜覚悟で参加してきました。 行って驚いたのが、先にご紹介した ブログのマルキ明子様も今年も参加されておられました。 ジャーナリストという固いイメージと違い朗らかで、始終笑顔でいろいろお話を聞けて嬉しかったです。       メニューは8品。 19時50分から祭りスタート。 最後のデザートが出てきたのが 深夜も回った2時半頃。 途中、途中にスイスの歌を生で演奏するバンドも登場。 また参加者が自己陶酔の世界に浸れる ステージが用意され、いろんなジャンルの音楽がかかり、思い思いに踊るスイス人、日本人。                                             これは、見ているだけで本当に楽しかったです。                                豚を食べて食べて食べまくるので 会場のモチーフもあちこち、豚さんマーク。かわいかった(^O^) お腹も満足、気持ちもはなまるになって 宿泊所に帰ってきたのが3時半。 なんとなく雰囲気が、一足はやい 大晦日のカウントダウンパーティーのようでした。      

ヌーシャテル通信

毎月始めに、スカイ.A のホームページに載せていた 、ヌーシャテル通信は ご存知でしたか? 早いもので、2年経ちました。 月末に、メゾンカレーさんのワイン醸造所にお邪魔して葡萄作りを取材していました。 その取材が今日を持って最後となりました。 お礼を兼ねて花束を持って出かけました。 月日が経ちのはあっと言う間ですね。 2年間は、葡萄酒をテーマにしていたので来月からは、どんなテーマにしようか いま考えています。       

スイスで作った鹿威し(4)

ようやく完成しました。 と、私は思うのですが、 主人はいくつか課題に悩んでいる現状です。            ❶ 水が飛び散る。 僧都の部分が、持ち上がると 余分な水が後ろに流れて飛び散る。 応急処置で、板を立ててみた。    ❷ 陶器を置く高さ。 すり鉢だと、5回に一回は止まってしまう。石を2段重ねているほうだと全く問題ない。高さをもう一度見直さなければならない。 ⚫️ 器を置く部分以外は、全てシリコンで固めてしまっているので、やり直しはきかないので、始めから作り直し!       主人は完璧主義。スイス人だからかな? 私は、これでいいのに。と思うのですが、今日からまたふりだしに戻って 納得する鹿威し作りに精を出すそうです。

スイスで作った鹿威し(3)

作り始めて、早くも4日目。 今日夕方にも完成するところまできました。 昨日は、昼ごはんの時間に 木枠のパーツを仕上げ、食べるのを 忘れるぐらい没頭していたそうです。 夕方、会社から帰ってきてからは、 またベランダで作業の続きを 日暮れまでやってました。 防水加工を施しているので乾くまで 約24時間。 完成が楽しみです。           

スイスで作った鹿威し(2)

ししおどしを作る中で、難しいところは 水が入っていく竹のパーツでした。 バランスが命。 切り口の角度を何度も調整してようやく できたのがこれ。 ここまでたどり着くまで、竹を2m使ってしまったほど。        昨日は、曇ってばかり。 晴れ間が覗いた時が、チャンス。 その際にテストを繰り返してました。 後は、ホースを隠したりきれいに 飾っておしまいです。 今日は朝からデザイン作成中。         友達が、私達以上に愛国心がある旦那さんだね? とメールで返信してくれた。 本当にその通りと思いました。

スイスで作った鹿威し!!

今日家族で、近くのホームセンターに 買い物に出かけました。 そこで、主人がソーラーパネルの噴水を 発見! みつけるやいなや、これで あれが作れるかも? とつぶきやきならがら、竹、ホース、 板などを買って帰りました。            家に着くやいなや。                 試行錯誤すること2時間半。 ひとまず完成しました。  新婚旅行で、日光の旅館に泊まった時に、主人はそこの庭園で、ししおどしを初めて知りました。    特に作り方など聞いたわけでもないのに ちゃちゃっと作ってしまう主人に 脱帽です。     

夏休みの思い出

7月3日から始まった息子の夏休みも あと2週間、主人は残り1週間となりました。 今年は穏やかに過ごしています。 昨日の話の続きです。 湖で遊んだ翌週は、息子の秘密基地⁉︎を 裏庭に建てました。 主人の手作りです。                  お昼は、外で食べました。      日本の友達に、この写真を送ったら 次のコメントをもらいました。 インサイドヘッドを見て思った。          小さいときの思い出はその人の人格を形成していくってやってて、やっぱりいい思い出を沢山作ってあげるのは大事よ?              完成したのは金曜日。              近所のちびっこにも大人気。          大人も楽しめます。 童心に帰るのかとても心が和みます。             

明日から8月

あんなに暑かった真夏日が うそみたい。最近は秋口を感じさせる陽気になっています。 7月の第3週目は、ずっと湖に出かけていました。 水温は実に25度。快適。         私は40半ばを迎え、日焼けには気をつけなければいけない年齢ですが、 知り合いに会うたびに、バカンスはどこへ? 南欧へ出かけたと思われるぐらいに 真っ黒に日焼けしました。 スイスでも、今月は2003年以来の暑さに見回り南欧に負けない暑さを体験しました。